釣りスマスツリー
釣り好き? 気になるポイント、季節ごとのターゲット、仕掛けの工夫や お役立ち情報等・・・ 実際に釣り歩いた大阪、千葉や広島(瀬戸内海)方面については詳細に解説
シーバス・自己記録 更新
昨日、今秋の不調をアップしたばかりですが、なんと!今日、シーバスの自己記録を更新!!(85cm・♀のシーバスでした)



呉の某波止にてタチウオ狙いで釣行。テンヤにキビナゴをつけてやってみましたが、この釣り方に慣れていないのでエサを散々突付かれるもヒットせず・・・ナブラが立ち、良い感じだったのに。。

気を取り直して、AM7:30頃 場所移動。初めて挑戦する波止でしたが、潮通しの良さそうな大きな波止で、日が昇っても内側が日陰になることに気付き、もしやシーバスが居ついているのでは。。と思っていました。

大阪・南港にて、長年テクトロ専門でシーバスを爆釣していた経験があったので、南港の波止に良く似た条件が気になっていました。

ラパラCD5icon・・・(南港での爆釣ルアー)を波止際にキャストし、波止と並行にルアーを引いてくると、なんとシーバスが群れで追撃!

何度かキャストする中で、当たりもあるがヒットせず、作戦をテクトロに変更・・・・・・・シーバスは、ほとんどテクトロで釣っていたので、日中にシーバスがヒットするルアー速度をリーリングではつかめないのです。

テクトロを開始し、最初は、やや早歩きの速度でルアーを引くが反応なく、すぐに速度を変えスピードアップ・・・・・直後にズシッ!と雑巾を引っ掛けたような当たり??があり、リーリングを開始・・・・半信半疑でリールを巻くが、少ししてフッと軽くなる・・・今のはヒット??か壁際に根掛かっただけか???

再度、早めの速度で歩き続けると、すぐにヘビーなヒット、今度はラインが出て行くので、魚に間違いないと確信・・・・・・・・・

~タックルはエギングロッド(クロステージ)iconに、
シマノ・バイオマスター2500Sicon・PEライン1号・
リーダーを車に置き忘れたため手元にあったメバリング用のフロロカーボン4LB(1号)をダブルラインに・・・もし、大物がきたら短時間でラインブレイクする可能性大~


波止をヒットした方向へ戻りながらリールを巻き、シーバスを近くに寄せるまでは難なくいくが、その後、一気に底に向かって突っ込み、ラインが引き出される・・・よく見ると波止の内側がえぐれていて、所々に突き出した部分があるなど、起伏のある構造・・・・・その中に潜り込もうとするためライン切れを覚悟でドラグをやや締め、強引に浮かせる・・・・・・・・・・・・かなりデカイ!

浮かせては潜られを繰り返し、何度か空気を吸わせると弱ってきたのか潜らなくなる・・・しかし、タモを車に置いてきたので、引き上げることが出来ない・・・・・・・・・・・・・・

左右を見ると、左側には500mほど向こうに先ほど言葉を交わしたタモを持つ落とし込み釣り師が、右側には200mほどの所に釣り師がいるがタモを持っているかは不明・・・・・少し考え、一か八か近い方の釣り師に賭け、シーバスを浮かせたまま水面を引きずって移動、時折、残る力で抵抗し冷や汗もの。。

釣り師に声をかけると、タモを持っており助けてくれるが、獲物が大きすぎてタモに入らず、ルアーのフックにタモが絡まる。獲物はタモの外・・・「こりゃ無理じゃ!落ちるわ!」・・・「大丈夫ですフックが固いので」・・・・・・そのまま、なんとか上に引き上げてくれ、親切にもサイズを測っていただきました。「こりゃーすごい85cmあるわ。こんなん見たの初めてじゃ」とのこと。その上、なんと血抜きまでしていただきました。丁重にお礼を言い車へ・・・・・・・ちなみに、PEライン、リーダーのフロロラインともザラザラでブレイク寸前でした。

クーラーに入らず、頭から突っ込んで(体の2/3はクーラーの外)蓋を半開きのまま帰宅し、夕飯を「刺身」や「スズキの洗い」「かぶと煮」「シャブシャブ」「キムチ炒め」とスズキずくしで美味しくいただきました(合掌)
釣具販売 激安通販センター
☆ネットショップ世界最大級13万点以上の品揃え!

テーマ:ソルトルアー - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 釣りスマスツリー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ