釣りスマスツリー
釣り好き? 気になるポイント、季節ごとのターゲット、仕掛けの工夫や お役立ち情報等・・・ 実際に釣り歩いた大阪、千葉や広島(瀬戸内海)方面については詳細に解説
アオリイカのエギング(広島のイカ釣り)
毎年この季節になると、広島では倉橋島や蒲刈島、山陰では島根県の各ポイントのアオリイカ釣り情報が続々と入ってきています。
魚釣りの感覚とは違うイカ釣り(エギング)に多少抵抗があるものの、釣り場での大漁の釣果やエギンガー(っていうのかな?)の「アオリイカのいるポイントさえわかれば簡単に釣れる」という言葉を信じ、釣行してきました・・・

魚影(烏賊影?)の濃い蒲刈島へ渡るのがゲットする近道だと思いつつ、魚釣りと違いあまり力が入らない(すいません…)ので、島には渡らず自宅から一番近いポイントで挑戦。

時間帯は昼で、天気はピーカン、まずは、潮通しの良い波止で・・・ずっとタックルボックスに眠っていたエギ(3号・渋めのオレンジ系)を取り出しキャストとシャクリを繰り返すが反応なし、小さなアオリイカが寄ってくるがスレている様子・・・・・しばらく続けていると「朝からエギングをやりながら移動してきた」という釣り人が「昼間はエギをよく動かすことが重要」とのアドバイス・・・その場では釣れず近くの堤防に移動・・・・・・・・・

そこは、密かに穴場ではないかと思っていたポイントだったのだが、すでに墨跡が何箇所か残されており、悔しい思いと「やはり釣れるんだ」という半信半疑の気持ちで開始・・・シャクリを大きめにしながら数投したところでアオリイカがエギを追ってくるのを確認・・そのままエギをステイさせると抱きついたようなのでロッドを煽ると、「グッ!」と重い!イカ墨を吐きながら抵抗するものの簡単にキャッチできました。
結局4匹のアオリイカをゲットしましたが、2匹はサイトで、2匹はPEライン(白いPE)のタルミがスッと張ったところで合わせを入れ乗せました。

アオリイカをスカリに入れておくと共食いをしていました。(1匹は無残に頭をかじられていたので写真は3匹です。。今度からイカはすぐに絞めヨッ)

釣具販売 激安通販センター
☆ネットショップ世界最大級13万点以上の品揃え!

テーマ:フィッシング - ジャンル:趣味・実用

copyright © 2005 釣りスマスツリー all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
まとめ